ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | ポイント | サポートセンター
     
「撰(SEN)」  
「玄」 -KURO-  
お茶を美味しくする道具たち  
フィルターインボトル  
ギフト/贈り物  
麦茶大作くん  
ティーバッグ  
抹茶  
八女煎茶  
八女深蒸し茶  
玄米茶・ほうじ茶  
粉茶(こなちゃ)  
国産紅茶・烏龍茶【会員限定】  
健康茶ほか  
抹茶甘酒  
その他緑茶  
業務用のお茶  
蔵出し茶  
お茶缶山盛り  
 
 
 
  メルマガ登録/解除  
 
 
     
      0120-125-088  
 
 
    メールはこちら
 
 
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日

毎日飲んでいる日本茶の成分とは

世界には様々な種類のおいしいお茶があり日本でも多く飲まれていますが、やはり日本茶にもっとも親しみを感じるという方は多いのではないでしょうか。日本茶は多くの日本人に親しまれており、ギフトとして喜ばれる品でもあります。日本茶にはどのような成分が含まれているのでしょうか。こちらでは、日本茶の成分についてご紹介いたします。

テアニンについて

アミノ酸の一種であるテアニンは、お茶の旨味をつくりだしている成分です。若い芽に多く含まれており、芽が熟成すると極端に減る傾向があります。また、二番茶より一番茶にテアニンが多く含まれているので、一番茶の方がお茶の旨味を楽しむことができるのです。

アミノ酸は日光に当たることにより、カテキンを生成するという性質を持っています。そのため覆いをかけて栽培されている玉露は、日光に当たらないのでカテキンよりもテアニンが多く含まれており、旨味が深い味わいをだすことができるのです。

カテキンについて

ワインなどにも含まれているポリフェノールの一種であるカテキンはお茶の渋みをつくりだしている成分で、インド原産のマメ科植物である「カテキュー」が語源といわれています。カテキンは、虫歯や口臭など口内環境の対策や、生活習慣病の予防などに役立つ成分なので、健康に関心のかる方なら一度は聞いたことがある成分だと思います。

カテキンは酸化しやすい成分ですが、緑茶の製造過程ではカテキンが酸化することがほぼないので、健康目的でカテキンを摂取するなら緑茶がおすすめです。

カフェインについて

カフェインはコーヒーなどにも含まれているので、ほとんどの方が聞いたことがある成分ではないでしょうか。若い芽に多く含まれている苦味成分で、若い芽を使ってつくられる抹茶や玉露に多く含まれています。カフェインには覚醒作用があり、仕事合間などの気分転換に最適です。毎日コーヒーでカフェイン摂取している方は、ぜひ健康的でおいしい日本茶にきりかえてみてはいかがでしょうか。

八女茶本舗樹徳庵では、八女茶(やめちゃ)を通販にて取り扱っております。贈り物用や、業務用など用途に合わせて商品を取り揃えておりますので、おいしい日本茶をお探しの方は、ぜひ八女茶本舗樹徳庵をご利用ください。