ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | ポイント | サポートセンター
     
「撰(SEN)」  
「玄」 -KURO-  
お茶を美味しくする道具たち  
フィルターインボトル  
ギフト/贈り物  
麦茶大作くん  
ティーバッグ  
抹茶  
八女煎茶  
八女深蒸し茶  
玄米茶・ほうじ茶  
粉茶(こなちゃ)  
国産紅茶・烏龍茶【会員限定】  
健康茶ほか  
抹茶甘酒  
その他緑茶  
業務用のお茶  
蔵出し茶  
お茶缶山盛り  
 
 
 
  メルマガ登録/解除  
 
 
     
      0120-125-088  
 
 
    メールはこちら
 
 
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日

お茶を美味しく淹れるためのポイント

お茶には色々な種類があり、玉露や煎茶、深蒸し茶などそれぞれに違いがあるので、その日の気分にあせて楽しむ方が増えています。せっかくお茶を淹れるなら、美味しく飲みたいと思われるはずです。こちらでは、お茶を美味しく淹れるためのポイントをご紹介いたします。

美味しい水を選ぶ

せっかく美味しいお茶を手に入れたのに、水道水で淹れてしまっては残念ながらお茶そのものの美味しさを十分に引き出すことができません。お茶を美味しくいただくために、ぜひ水にこだわってください。水道水には消毒・殺菌のための薬剤(カルキ)が含まれており、そのままでは美味しくいただけません。水道水をお使いの場合は、少なくとも2〜3分(できれば5分以上)は煮沸させてください。浄水器をお使いの場合も性能にバラつきがありますので、できれば2分くらいは煮沸させてください。おすすめは、やはりミネラルウォーターです。市販の国産ミネラルウォーターはそのほとんどが軟水で、日本茶に適しています。一部外国産のミネラルウォーターで硬水がございますが、これは日本茶には不向きですので表示にご注意ください。

温度にこだわる

一口に日本茶と言ってもたくさんの種類がありますが、それぞれの種類に適した温度があることはご存知でしょうか。適温で淹れることで、お茶が本来持っている甘みや苦み、うまみや渋みなどの風味を、最大限に引き出すことができます。一般的な目安として、高級茶の代名詞である玉露は約60℃、上級茶(一番茶)は70〜80℃、下級茶(二番茶)は90℃くらい。また、番茶、ほうじ茶、玄米茶等、比較的リーズナブルなお茶は熱湯で淹れてください。ただ、あくまでも目安ですので、いろいろと温度を変えて適温を探してみてはいかがでしょうか。

お茶のおいしい淹れ方 お茶のおいしい淹れ方 お茶のおいしい淹れ方 お茶のおいしい淹れ方

水出し茶

そもそもお茶には甘味やうま味のもととなるアミノ酸類、苦味成分のカフェイン、渋味成分のカテキン等が含まれます。お茶を高い温度で淹れると、苦渋味のカフェインやカテキンがサッと溶け出します。一方、低い温度で淹れると甘味やうま味成分のアミノ酸類がじっくりと溶け出します。甘味とうま味を楽しむ玉露を低い温度で淹れるのはこのためです。この応用がテレビの情報番組でも特集され、その飲み方も浸透してきた水出し茶です。水で淹れることで抽出には少々時間がかかりますが、雑味の無いスッキリとした甘さのお茶が楽しめます。

八女茶本舗樹徳庵では、美味しい八女茶(やめちゃ)の販売をしております。水出し茶のおすすめのお茶や、渋みが少なく飲みやすい八女煎茶、まろやかな味を楽しめる八女深蒸し茶、健康志向の方のギフトとして最適な八女有機栽培茶など数多くの八女茶を取り揃えておりますので、美味しいお茶をお買い求めの際は、ぜひ八女茶本舗樹徳庵をご利用ください。